[第6話] 魔法少女には向かない職業

[第6話] 魔法少女には向かない職業

公開終了しました

[第6話] 魔法少女には向かない職業

2021年01月06日

ツイートして応援しよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
魔法少女には向かない職業

魔法少女には向かない職業

原作:斜線堂 有紀 漫画:片山 陽介

幼くして両親を亡くした中学生・恋門姫子は義父の練二と2人で暮らしていた。 姫子は身寄りの無い自分を引き取り、実の子の様に育ててくれた練二に感謝していたが、数年たった今でも「お父さん」と呼ぶことができずにいた。 今日こそ練二を「お父さん」と呼ぶことを決意した姫子。 しかし、帰宅した彼女を待っていたのは、地下室で何者かに殺害された練二の姿だった。 絶句する姫子。 突如、眩しい光が周囲を包む。 光が収まるとそこには見たこともない奇妙な生物の姿があった。 奇妙な生物に触れ魔法の力を授かり、姫子は魔法少女となる。 そこに尋ねてきたヤクザ・相馬塔一。 彼が告げる義父の正体と死の真相とは――――。

ローディング中…

コミックス情報

魔法少女には向かない職業 1 (ヤングジャンプコミックス)

魔法少女には向かない職業 1 (ヤングジャンプコミックス)

片山 陽介, 斜線堂 有紀

ジャンプBOOKストア!で買う Amazonで買う 楽天ブックスで買う
魔法少女には向かない職業 2 (ヤングジャンプコミックス)

魔法少女には向かない職業 2 (ヤングジャンプコミックス)

片山 陽介, 斜線堂 有紀

ジャンプBOOKストア!で買う Amazonで買う 楽天ブックスで買う